怒りのニュース

マエダ・チアゴ・ヒデキ詐欺「日本人女性はちょろい」一度会った女性から1700万円騙し取る

マエダ・チアゴ・ヒデキ詐欺師怒りのニュース

千葉市在住の女性から1700万円もの大金を騙し取った疑いで、マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者(34)が詐欺容疑の疑いで逮捕されました。マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者と被害女性(32)は旅先の沖縄で一度会っただけでした。

 

たった一度しか会っていないのに、なぜ被害女性はマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者に1700万円もの大金を送金してしまったのでしょうか?マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者の詐欺手口について見てみます。

日本人女性から1700万円詐欺【事件の概要】

ブラジル国籍を持つマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者が、旅行先で知り合った日本人女性から総額1700万円を騙し取った詐欺容疑で逮捕されました。マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者と千葉県在住の被害女性との接点は、2020年9月の沖縄旅行とのことです。沖縄旅行中に被害女性と知り合い、旅先での出会いをきっかけに、お互いにLINEや電話で連絡を取り合うようになります。

 

そして、2020年11月、マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者から被害女性に対して「手術のためにお金を借りたい」との申し出があり、被害女性はその申し出を承諾することになります。被害女性は、2020年11月から2021年4月にかけてATMで125回、総額約1700万円の送金を行いました。

 

しかし、いつまで経ってもマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者がお金を返さなかったため、被害女性は詐欺を疑い、2021年6月に警察に相談に行ったことがきっかけとなり、今回の容疑者逮捕となりました。マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者は警察に対し、「入院という話は嘘だが、騙すつもりはなかったし、お金も返そうと思っていた。」と語っています。

 

この事件で驚くべきことは、容疑者と被害女性とは沖縄旅行でたった1回会ったきりだったということです。つい最近もブラジル人による、母子殺害があったばかりです。またもやブラジル人の犯罪でメディアが一斉に沸いています。

 

旅先で出会った千葉市の女性から、およそ1700万円をだまし取ったとして、ブラジル国籍の男が逮捕されました。

マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者(34)は千葉市に住む32歳の女性に「入院費用が必要」などと嘘を言い、おととし11月から去年4月までの5カ月余りで、およそ1700万円をだまし取った疑いが持たれています。

警察によりますと、マエダ容疑者は日本在住で、おととし9月、女性と国内の旅行先で出会いました。

LINEなどで連絡を取り続け、治療費などの名目で、合わせて125回、多い時で1回50万円の現金を振り込ませたということです。

マエダ容疑者は「入院の話は嘘ですが、だますつもりはなく、お金は返すつもりだった」と容疑を否認しています。

女性の話から、警察は余罪があるとみて調べています。

出展:テレ朝ニュース(https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000266912.html)

 

マエダ・チアゴ・ヒデキ詐欺手口

マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者と被害女性は沖縄旅行で知り合い、現地でLINE上のメッセージなどで、関係を続けていました。同年2020年11月に容疑者から「入院したから入院費が必要。お金を貸して欲しい。」と頼まれた被害女性は、マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者に好意があったため、お金をマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者指定の口座にお金を送金してしまいます。

 

野次馬セブン
野次馬セブン

言っちゃぁ悪いが、イケメンでもないこんな男に好意を持つとは・・・。

野次馬子分
野次馬子分

もしかすると、容疑者は口が上手かったのかも知れませんね。

野次馬セブン
野次馬セブン

被害女性の方があまり恋愛経験をお持ちでなかったとしたら、それも考えられるぞよな!

 

その後も「手術するのにお金が必要だ。」「入院保険の費用が必要だ。」などとお金の要求が続き、最後の方では病院に行くタクシー代まで要求され、最終的に125回、総額1700万円という金額にまで膨れ上がってしまいます。

 

一度しか会っていない人に、お金を送金するというのは普通ではないことですが、被害女性の「好意があったから」という一言が、今回のような詐欺に遭ってしまった理由だと分かります。このような手口の詐欺はかなり増えていますので、絶対にお金を貸さない、出さない、貢がないということを意識する必要があります。

 

日本人は『外国人に弱い』傾向にあります。特にこういった詐欺被害にあうのは女性の方が多いような気がします。被害女性もきっと、外国人のマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者に心を奪われたのでしょう。ロマンス詐欺や結婚詐欺のような詐欺は、お金だけでなく、心まで傷付けます。被害女性は全てを根こそぎ奪われた気持ちになったことだと想像できます。本当に最悪の犯罪です。

 

マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者勤務先

マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者はブラジル国籍で、逮捕当時は北海道札幌市にある派遣会社で働いていました。いろいろ調査しましたが、残念ながら勤務先、派遣先まで特定することはできませんでした。情報が入り次第記事をアップしたいと思います。

 

日本とブラジルは犯人引き渡し条約が結ばれていないため、仮に今回、マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者がブラジル国外に逃亡していたとしたら、日本の警察はどうすることもできませんでした。その点においては身柄を確保できたことは良かったです。

 

マエダ・チアゴ・ヒデキFacebook/Twitter

マエダ・チアゴ・ヒデキインスタ

細かく調査してみたのですが、Twitter、Facebookでマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者に該当する人を見つけることはできませんでした。また、外国人が主に使っているようなSNSでも該当者はいませんでした。Instagramには一人該当者がいたのですが、顔つきや投稿日時を確認してもマエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者と一致するものではなさそうなので、ここでは公表しないでおきます。

 

マエダ・チアゴ・ヒデキ人物像

マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者

容疑者の国籍がブラジルということは、まだ日本に帰化していない(日本国籍を取得していない)、日系2世とか日系3世ということになります。マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者は恐らく独身で、派遣会社で働いていることから、ビザの種類は『就労ビザ』もしくは『特定活動ビザ』の可能性があります。恐らくまだ永住権は取れていないだろうと推測します。マエダ・チアゴ・ヒデキ容疑者が札幌でどんな生活を送っていたのか、どんなきっかけで日本に来たのかはまだ不明です。

 

ブラジルとはどんな国か?

ブラジルは多種多様な民族が集まる移民の多い国なので、日本人の移民も多いので日系人も多いです。また、貧富の差が激しく、麻薬や貧困による殺人事件や、窃盗や強盗などの多い国です。犯罪組織が拠点とする、一部の街(スラム街を含む)では、未だに銃撃戦などが繰り広げられています。

 

リオデジャネイロはオリンピックが開催された事でも有名ですが、リゾート地としても有名ですし、世界一大きい滝、『イグアスの滝』やリオのカーニバルも有名です。リオのカーニバルのせいか、ブラジル人の気質は『明るい』と表現されることが多いようですが、リオのカーニバルそのものには『奴隷が踊った』という歴史があり、内容もあまり明るいものではありません。

 

貧困・犯罪・奴隷など、様々な文化を持っているブラジル人が日本のような平和な国に来たがるのも当然のことだと思います。

野次馬セブン!気になるトレンドニュース速報

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました