スポンサーリンク

ひな祭りでやること|ひな祭りは何をすればいい?食べ物は何を食べる?ひな祭りは女の子の日~なぜ3月3日がひな祭りになった?

イベント

3月3日のひな祭り。特に女の子が生まれたご家庭では初節句として、何をどのようにすればいいのか迷いますよね。

ひな人形を飾る、お雛様料理を頂く、それぞれに親から子どもへの願いが込められています。
1つずつ意味を調べてみました。知っておくと気持ちが入ったお雛祭りになると思います。

スポンサーリンク

ひな祭りでやること~ひな祭りは何をすればいいの?~

ひな祭りは、ひな人形を飾ったり、桃の花を見ながら女の子の健やかな成長を願うお祝いの日です。ひな祭りのために用意したご飯を食べて、家族や親せきとお話をして1日を過ごします。

では、なぜひな祭りにおひな様を飾るのでしょうか?

お雛さまは、これから先に降りかかる災難や苦しみ、病気などを代わりに引き受けてくれると言われています。お雛さまに災厄をかわりに引き受けていただくことで、子どもの健やかな成長を願っているのです。

よく『ひな祭りが終わったら早く片付けないとお嫁に行くのが遅れる』という話をよく耳にしますよね?これは、ちゃんと片づけをできるようにならないと立派な大人になれないから、とか、厄を代わりに引き受けてくれたお雛さまをそのまま近くの置いておくと良くないなどの考えから来ています。

お雛さまを飾るのは節分の翌日である立春からが一般的です。または雨水の日(立春から約15日後の毎年2月19日頃)の日に飾るのも良いとされています。逆に前日の3月2日に飾るのは『一夜飾り』と呼ばれお雛さまを飾るのには適していません。

お雛さまの周りには桃の花を飾って華やかにします。菜の花やチューリップなどを飾る家庭もあります。お花に囲まれたお雛様を見ながら、おいしい料理をいただくのです。

ひな祭りの料理には、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、菱餅、ひなあられなどがあります。これらにはそれぞれ意味があります。

【ちらし寿司】
春を感じさせ色とりの美しさからひな祭りの定番になったと言われています。

具材にも意味があり、背中が曲がっていることから長生きし健康であるようにと願いを込めた『エビ』、穴が開いているため先の見通しが良くなるという意味の『れんこん』、まめに働くという意味で『豆』を用いているため、これから先の健やかな成長を願った料理であるとされています。

【ハマグリのお吸い物】
はまぐりは二枚貝ですが、実はその二枚の貝殻でしか合わず、他のはまぐりと合わせてもぴったりと合うことはありません。その様子から、仲のいい夫婦を連想し良縁に恵まれることを願って食するようになったとされています。

【ひし餅】
ひし餅はピンク・白・緑の三色でできています。ピンクの部分は赤としてとらえ『魔除け』、白の部分は『清浄』、緑の部分は『健康や長寿』を意味しています。

また、緑は『大地』、白は『雪』、桃は『桃』を表し、雪が溶けて大地に草木が生え、桃の花が咲くという意味が込められているという説もあります。

形もひし形なのは心臓を表していると言われ、命の象徴です。親が子どもの健康を願う気持ちが込められています。

【ひなあられ】
4色のひなあられは、四季を表しています。

桃色は、春の花の色を表しているので、春。緑色は、夏の新緑を表しているので、夏。黄色は秋の紅葉を表しているので、秋。白色は、雪の白さを表しているので、冬。

このように4色で四季を表しています。一年間、四季が変わっても無事に健康に成長できますようにと願いが込められているので、ひな祭りのお祝いに必須のメニューです。

ひなあられはでんぷんが含まれていて、健康によいとされていることからも子どもが1年中健康で過ごせますようにという想いがよくわかります。

【甘酒】
ひな祭りという行事はもともと厄払いの意味があります。最初は中国で行われていた儀式で、厄払いと不老長寿を願って『桃香酒』と呼ばれる桃の香りがするお酒を飲んでいました。『桃香酒』が当時の日本では白酒と呼ばれていたのです。よって、白酒には厄払いと長寿の願いが込められています。

スポンサーリンク

ひな祭りは女の子の日 なぜ3月3日がひな祭りになった?

ひな祭りは元々は旧暦3月の最初の『巳の日』のことでしたが、年により日がずれるので、3月3日に定められました。ちょうど季節の変わり目であるこの頃は体調を崩しやすいこともあり、無病息災を願う行事として定着しました。

そもそも平安時代、貴族の子どもの間で人形遊び(ままごと)が流行っており、この遊びを『ひいな遊び』『ひいな人形』と呼んでいたのです。やがて、この『ひいな遊び』が武家社会まで広がると、5月5日が男の子の節句であることに対し、3月3日は女の子の節句として浸透しました。それが庶民にまで広がったのは明治時代以降と言われています。

ひな祭りと桃の節句の違い

ひな祭りも、桃の節句も、どちらも3月3日の行事で、現在は女の子のお祝いとして広まっていて、日常生活を送る中では同じ意味と捉えても問題ありません。もちろん違いはあります。それは起源の違いです。

桃の節句

桃の節句は上巳(じょうし)の節句と呼ばれています。
上巳の節句は古代中国で行われていたみそぎの儀式です。つまり男女関係のない行事でした。

古代中国では奇数の数字が重なる日は悪いことが起こる忌日とされていました。そこで川で体を清めたり、桃酒を飲んで邪気を払ったりする風習が生まれました。

旧暦の3月3日は桃の花の季節です。上巳の節句には桃の花を飾っていたので、上巳の節句を日本で桃の節句と呼び始めたとも言われています。

ひな祭り

一方、ひな祭りは上巳の節句、曲水の宴、ひいな遊びの3つの風習が結びついてできた日本独自の行事です。上巳の節句が日本に伝わると、形代(かたしろ)で身体をなでて罪やけがれを移し、海や川へ流すようになります。これが3月3日の夕方、ひな人形を海や川に流す『流しびな』の風習につながっていきます。

また、奈良・平安時代の貴族の間では、上巳の節句の日に曲水の宴が催されるようになりました。曲水の宴とは庭に造られた曲がりくねった流水のほとりに立って行う遊びです。流水に酒杯を浮かべ、自分の前を通り過ぎる前に和歌を一首詠むというこの行事もひな祭りの起源になったと言われています。

このようないくつかの風習が結びつき、室町時代には3月3日にひな人形を飾るようになりました。江戸時代に入るとひな人形は華やかなものになります。そして明治時代に入り庶民の間にも定着したのです。

まとめ

我が家にも女の子がいますので、毎年ひな人形を飾り、一応ひな祭りをしていました。
一応というのは、これまではなんとなくスーパーへ行くと並んでいるひなあられを買い、ちらしずしの材料が出ているのでそれでちらし寿司を作っていただけだったのです。

今回、それぞれの意味を確認できたので、これからはもっときちんとしたひな祭りが出来そうです。女の子が健康で幸せになるようみんなで願う行事ができるといいですね。

イベント
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました