カフェインを取りすぎるとどうなる?体にどんな影響がある?

一般

2015年、日本で衝撃的な事件がありました。

 

九州地方で、深夜勤務が続くため、眠気覚ましに頻繁に飲んでいた

エナジードリンクで20代男性がカフェイン中毒で

死亡したという事件です。

 

国内でのカフェイン中毒死は初めてとの事で、

 

眠気覚ましに飲んでいるドリンクで死んでしまう事もあるのかと

本当に驚きました。

 

カフェインというと、真っ先に思い当たるのがコーヒーですよね。

 

ちょっと眠い時に飲んだり、リラックスしたい時に飲んだりと、

生活にはかかせない飲み物ですが、

 

取り過ぎで命を落とすこともあるというのは、本当に怖いですね。

 

そこで、カフェインについて、取り過ぎた場合どうなるのか、

カフェインについて 詳しく見て、適正量なども知っていただきたいと

思います。

 

是非、読んでくださいね。

カフェインの取りすぎに注意!過剰摂取で起きる症状とは?

アナタは、「カフェイン」というと、どんなイメージをお持ちですか?

 

余り悪いイメージはないでしょう?

ところが、カフェインを過剰摂取すると、身体にさまざまな深刻な症状がおきるんです。

 

ところで、カフェイン、と聞くと、真っ先にコーヒーと言ったアナタ、

 

非常に正しいです。

 

カフェインは、「caffeine」 コーヒーは「coffee」 と、英語で書いてみると

とても良く似ていますよね。

 

そうなんです。

 

カフェインはコーヒーから成分として分離抽出されたときに

カフェインという名前が命名されたからなんです。

 

コーヒー=カフェイン という方程式は理にかなっていますね。

 

ところで、

そのカフェインの入っているコーヒーを飲むと、

 

  • 眠気覚ましになる
  • 身体がシャキっとなる
  • 自律神経が高まる
  • 集中力が出る
  • 利尿作用がある
  • 香りや苦みでホっとする(リラックスする)

 

こんなイメージでしょうか?

 

夜寝る前にコーヒーを飲むと眠気が覚めるので飲まない。

 

という人はいますが、それ以外、ダークなイメージは

余りないですよね?

 

適量を飲んでいると、おっしゃる通り、良いイメージのままなんですね。

 

ところが、カフェインを一度に過剰摂取すると、

さまざまな良くない症状がおきてしまうんですね。

 

軽い症状から中程度の症状としては

 

  • 食欲不振
  • 震え
  • 脈拍や呼吸数の増加
  • 胸痛、めまい、興奮、不安、不眠
  • 下痢や吐き気、嘔吐

 

そして、重症になると、

 

  • 低カリウム血症
  • 意識障害
  • けいれん発作
  • 不整脈 など

 

本来、リラックスするために飲むコーヒーやお茶のはずが、

こんなに大変なつらい症状になってしまうんです。

 

これが、急性中毒症状の、「カフェイン中毒」の症状です。

 

一番先に紹介した、九州の若者は、深夜勤務の疲れを取るために

過剰にエナジードリンクを飲んでいたと言います。

 

死亡する約1年前から体調不良を訴えていて、

吐いて寝込むことを数回繰り返していたとのこと。

 

死亡した当日も、仕事から帰ってから吐いて寝込んでいて、

救急搬送されても間に合わずに死亡したとのこと。

 

カフェイン中毒って怖いですね。

 

過剰摂取は、くれぐれも気をつけたいですね。

カフェインは取りすぎると死に至る!一日に摂取できる量を知ろう!

カフェインは、取り過ぎると「カフェイン中毒」になって

不整脈や意識障害などで死に至ってしまうという、

恐ろしい結果になります。

 

なので、一日に摂取できる量をきちんと把握しておかないといけないですよね。

 

忙しいアナタは、ついつい、エナジードリンクを手にして

1日に何本も飲んじゃったりしていませんか?

 

カフェインの健康被害については、

国際機関などでは注意喚起がされています。

 

日本では、カフェインの食品添加物としての使用量や、

1日当たりの摂取許容量の基準はなくて、

健康被害の情報を収集している段階です。

 

欧州食品安全機関(EFSA)が2015年に発表した

「健康な成人が摂取しても安全と考えられるカフェインの量」は

以下の通りです。

 

大人と子供、妊婦によって違いますが、

体重によってもかなり違うので、

やせている人は、太っている人より少なめに摂るという点も注意点ですね。

 

成人    体重40kg  1日228mgまで

体重60kg  1日342mgまで

体重80kg  1日456mgまで

 

小児~青年 体重40kg  1日120mgまで

体重60kg  1日180mgまで

体重80kg  1日240mgまで

 

妊婦・授乳婦     1日200mgまで

 

コーヒー1杯に含まれるカフェイン量は 約60mgなんです。

 

と、すると、

 

体重40kgの大人は、1日3杯まで 食後に1杯ずつ飲む

感じですね。

 

体重80kgの大人だと、5杯までは 大丈夫。

子供だと1日2杯までです。

妊婦さんは1日3杯までです。

 

ここで、ちょっと注目して欲しいのが、

眠気覚ましのドリンク剤のカフェイン量です。

 

1本あたり、100~150mlも、カフェインが入っているんです。

 

 

これを1本飲むと、カフェイン量がすでにオーバーしていて、

痩せ型の人や子供、妊婦さんは

他からはカフェインを摂れない事になりますよね。

 

カフェインという意識を持たないで、疲れたと言って、

エナジードリンクや眠気覚ましドリンクを2本も3本も飲み、

 

さらにコーヒーも3杯、4杯と飲んでいたら、

あきらかに摂取量が大幅オーバーしてしまい、

いつの間にか、カフェイン中毒になって、体調を崩してしまう。

 

という事になりかねませんので、この摂取量は是非、守りたいものですね。

意外なものにも含まれている!カフェインが入っている飲み物とは?

カフェインの1日の摂取量が、だいたい把握できました。

 

ところで、カフェインって、どんな飲み物に入っているかご存じですか?

 

コーヒー、紅茶、緑茶、このあたりは ご存じと思います。

他に、ウーロン茶や、コーラにも入っているんですよ。

 

コーラは、10~19mなので、紅茶の半分くらいは入っています。

 

そして、缶コーヒーの含有量の多さは、びっくりです。

1本当たりで、100ml~150mlも入っているので、

コーヒー2杯分に相当します。

 

若い人は、缶コーヒーを気軽に飲んでいますが、

意外にカフェインが多いので注意が必要ですね。

 

そして、エナジードリンクに至っては、

1本あたり、22~142mg

 

栄養ドリンクは

1本あたり、30~50mg

 

眠気覚ましドリンクは

1本あたり、100~150mg

 

と、多く入っていますので、飲み過ぎには本当に注意ですね!

まとめ

カフェインは、適量を取る分には、身体に良い物です。

 

「自律神経の働きを高める」「集中力を高める」「ダイエットにも効果がある」

「リラックス効果あり」など、良い効果がたくさんあります。

 

だけど、カフェインをとりすぎると、カフェイン中毒になり、

不整脈や意識障害、嘔吐など、場合によっては死に至る事もあります。

 

適量を守って、カフェインによる中毒を起こさないように、

美味しく楽しいカフェインライフでありますように、

今一度、考えながら飲んでいただけたらと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました