スポンサーリンク

寝ながらイヤホンの影響|イヤホン難聴の危険性があり危ないので寝ながらイヤホンはダメ!就寝時におすすめの音楽鑑賞グッズを紹介

一般

ベッドに入ってから寝付くまで、音楽を聴きながら寝る方は多いのではないでしょうか?
その中でイヤホンをして聞いている方!耳が痛くなったとか、イヤホンが壊れてしまったならまだしも、『イヤホン難聴』になってしまうこともありますので大変危険ですよ!

今回はどのような危険があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

寝ながらイヤホンの影響

寝ながらのイヤホンはとにかく危険です!

これまで、寝ながらのイヤホンがいいのか迷う1つの要因として、「コードが寝ている間に首などにからまったらどうしよう」ということがありましたが、最近はコードレスのイヤホンが主流となり、逆に寝ながらのイヤホンもいいのでは?と考える人が増えているようです。

しかし、寝ながらのイヤホンは危険です。

イヤホン難聴になる危険性

まず、1番影響を感じられる症状として『イヤホン難聴』があります。
大きな音がする場所(コンサートホールなど)で一定時間を過ごして外に出ると、耳がジーンとしていたり、少しの間音が聞きにくいなどの経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

コンサート会場等でおこるそのような現象は、わりとすぐもとに戻るのですが、なかなか状態が治らないのがイヤホン難聴なのです。

『1日だけ忘れてイヤホンをしながら寝てしまった』というくらいなら、その後数日イヤホンを使わずに過ごして耳を休ませれば大丈夫ですが、連日イヤホンをして寝ていると、鼓膜を絶えず刺激をしていることになり大変危険なのです。

イヤホン難聴の怖いところは、じわじわと進行し、気付かないうちに回復ができない状態になってしまうことです。

イヤホン難聴は、軽度の場合、ひそひそ話が聞こえづらい程度でほとんど自覚症状はありませんが、悪化すると通常の会話ですら聞き取れなくなってしまいます。

耳が痛くなる

イヤホンをして寝ると耳が痛くなる!ということがあります。
人間はずっと同じ方向を見て寝ているわけではありません。寝返りを打ちますよね。その際、耳が下を向きイヤホンで耳が圧迫されて起きてしまうこともあると思います。

そうなったら、しっかり寝れていないという別の問題も出てきます。また、本来脳を休めるタイミングである睡眠中に、音楽を聴くことは絶え間なく脳に刺激が伝わり続けてしまい、睡眠の質が低下してしまうのです。

ということで、結論的に寝ながらのイヤホンはおすすめできません。

スポンサーリンク

寝ながら音楽を聴くこと自体どうなの?

寝ながらの音楽は基本的におすすめできません。

本来脳を休めるタイミングである睡眠中に音楽を聴くことで、絶え間なく脳に刺激が伝わり続け、睡眠の質が低下してしまうからです。そのうえ、睡眠中の音楽はイヤホン難聴を引き起こすなど、耳にも大きな負担を与えてしまいます。

ですが、寝る直前の音楽はとても効果的です。

良い睡眠をとるためには、身体だけでなく脳がリラックスして休んでいることが重要です。
脳がリラックスして休んでいると、α波と呼ばれる波形が出ますが、これは心地良い音楽を聴くことでも生じます。

つまり、心地良い音楽を聴くことで脳がリラックスして、快眠につながるということになります。

寝る前の音楽は歌詞が入っていない音楽を選ぶこと

歌詞のある音楽を聴いていると、無意識のうちに頭の中で歌詞を追ってしまい、脳が目覚めてしまう可能性があります。

ですから、寝る前の音楽は歌詞が入っていない音楽を選ぶようにしましょう。

また、モーツァルトのような高周波の音楽もおすすめです。
高周波の音楽は癒し効果があり、音楽療法にも使われるほどです。

その他、鳥のさえずりや小川のせせらぎなど自然界の音も一定のリズムがあり、自然の中でお昼寝をしているような感覚になってのんびり寝れるような気持ちになりますので、なかなか寝付けないという方におすすめです。

寝ながら音楽を聴くためのポイント

可能ならやはり、イヤホンはせずタイマー設定などをし、短時間に限定して聞くことが理想です。

家族と一緒に寝ている方も、一緒に聞くことを提案し、音楽を部屋に流してみてはいかがでしょうか?

その際、ボリュームは最小にし、ギリギリ聞こえるくらいにしてください。それなら、たとえば家族と寝る時間がずれているという方も、寝ている家族にはあまり影響がないと思います。

それでも、赤ちゃんと一緒など、音にはとても気を使わなくてはいけない人はイヤホンになるのかもしれません。そんな方には、耳栓のように耳にフィットする寝ホンと呼ばれるタイプのものがおすすめです。

ただし、その場合も音量は最低、タイマーで切れるようにすることは同じです。タイマーはご自分の寝付くまでのおよその時間プラス15分程度に設定してくださいね。

就寝時におすすめの音楽鑑賞グッズ

音楽アイマスクをご存じですか?寝ホンであっても寝返りなどでは傷みが出たり、気になることもあります。そのような方には音楽アイマスクをお勧めします。

見た目は普通のアイマスクです。ただし、耳の部分にスピーカーが搭載されており、そこから音楽を流します。スピーカーの形状は平べったく、アイマスクの布の中に包まれているので横向き寝のときに圧迫で耳が痛くなることもありません。

ただ、音質は残念ながらイヤホンやヘッドホンと比べると劣ってしまいます。当然ですよね、布を隔てて音が流れてくるのですから。でも、耳のためにはイヤホンよりこちらが断然おすすめです。

このアイマスクはBluetooth接続になっていて、ケーブルなどはなく、頭の後ろでマジックテープで止めるだけというように使いやすくなっているものや、ヘアバンドのようにゴムバンドで固定するタイプもあります。アイマスクをすることで睡眠にも集中できて、一石二鳥ではないでしょうか。

まとめ

私は寝つきがとてもいいので、正直音楽を聴く暇もないくらいすぐ寝てしまいます。

ただ、疲れた時など自然の音をYouTubeなどを活用して流しておくことがあります。とてもリラックスし疲れが取れるような気がします。

疲れているのに寝付けないというような方は、あまり一生懸命聞かなくてもなんとなく聴けるような音楽を寝付くまでの短時間流してみてはいかがでしょうか。

一般
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました