紅葉狩りと花見・・・なぜ紅葉見と言わないの?

スポンサーリンク

桜を愛でる(めでる)=見て楽しむのは「花見」と言うのに、紅葉を見て楽しむことを「紅葉見」と言わないのはなぜなのでしょうか?

「紅葉見」と言わないのであれば、桜も「桜狩り」と言うはずなんだけどなぁ・・・。

あなたもそんな風に思われたことあるんじゃないでしょうか?

今回は紅葉狩りの語源について調べたことをお伝えします。

紅葉狩りの「狩り」は「取る」という意味

「狩り」=「取る(捕る)」という意味ですから、紅葉を取る=紅葉狩りということです。
・・・ということは・・・そうです、桜を見ることも大昔(平安時代)は「桜狩り」と言っていたんです。

「狩り」は、本来獣(けもの)を捕らえる(狩猟)意味で使われていましたが、そこから魚、野鳥、小動物、果物、きのこなどを取る意味にも広がり、やがて草花などの植物を観賞する場合にも「~狩り」という形で使われるようになったんです。

  • イノシシ狩り
  • 潮干狩り
  • キノコ狩り
  • イチゴ狩り

などと同様に、

  • 紅葉狩り
  • 蛍狩り
  • 桜狩り

などの言い方もあります。

紅葉の鑑賞を「紅葉狩り」と言うようになった理由

ひとつ目の理由は、平安時代当時、紅葉鑑賞は手軽に楽しめなかったからです。

獣の狩猟をしなくなり、貴族が現れたことが起因しているのですが、貴族たちは自らが住む敷地に桜を植え、その美しさを楽しんでいました。ところが、紅葉となると山まで足を運ばないと観ることができなかったため、山に取りに行く→狩りに行く→「紅葉狩り」と言われるようになったんです。

ふたつ目の理由は、平安時代の紅葉の鑑賞の仕方です。

平安時代の貴族は、山に行き紅葉の枝を折って手に取り、かんざしにしたり、または落ち葉を拾い集めて紅葉鑑賞を楽しみました。

そこから「紅葉を手に取る」=「紅葉狩り」と言われるようになったということになります。

まとめ

「紅葉狩り」という言葉の語源が分かると面白いですね。ただし、現代において紅葉の枝を折って楽しむということはなされないように。

桜は「花見」(昔は「桜狩り」とも言っていた)、梅は「観梅」や「梅見」、菊は「観菊」や「菊見」と、種類によってさまざまな言い方があるということも興味深いですね。

言葉の表現から分かることは、その『花の楽しみ方』ではないでしょうか。

スポンサーリンク