車中泊グッズは便利?夏・冬で使えるグッズをご紹介

スポンサーリンク

最近、車中泊が人気を呼んでいますね。
車中泊は、狭い車の中で、いかに快適に寝られるかがポイントだと思いませんか?

車中泊に関するグッズもいろいろ出ています。

そこで、車中泊グッズを、夏、冬の季節によって、また、軽自動車での便利グッズや100均で買えるグッズなどを紹介していきたいと思います。

車中泊グッズ 夏に役立つグッズ・冬に役立つグッズ

旅行する時に、車中泊をする人が増えています。

自由に動き回るには、公共交通機関より、自家用車が便利ですよね。
また、キャンプも人気が高いです。

キャンプ場でキャンプをする時に、テントを張らずに気軽に車中泊をする人も増えています。

道の駅もとても整備されていて、気持ち良く使えますので、長距離のドライブの時の仮眠には最高に良い場所と言えます。

このように、人気の車中泊ですが、車中泊グッズがいろいろ出ているのはご存じでしょうか?

車内は狭いです。
狭い空間の中で少しでも快適に過ごすために工夫がされているのが車中泊グッズ。
本当にさまざま出ています。

また、車は、暑さや寒さを感じやすいですよね。
車はまわりの温度が感じやすい作りになっています。

季節や旅先の気候の変化によって、対策も必要ですね。

春、夏はさほど気温の変化は気にならず、快適で過ごしやすいですが、夏、冬の温度差。
これはキビシイですね。

季節によって役立つグッズが違いますので、夏と冬にそれぞれ役立つグッズを見て行きたいと思います。

1.夏に役立つ車中泊グッズ

夏は暑さとの勝負!ですね。
暑さ対策の準備が必要になります。

また、夏のアウトドアと言えば、「虫対策」も無視できません!

アウトドア派は、いかに、まわりの環境と上手く付き合っていくかが重要です。

そこで、夏の暑さ対策用の車中グッズをお知らせします。

・充電式ファンヒーター(マキタ)

車を止めた時は、エンジンを切るのがマナーですよね。
車のエアコンをつけっぱなしは、NGです。

そこで活躍するのが、充電式のファンです。
マキタ、というと、ホームセンターの工具売り場で見かける、あの、工具メーカーのマキタです。

マキタの充電式ファンは、キャンプの時の強い味方です。
可動式フックがついているので、車内の手すり等に引っ掛けて使えます。

自動首振り機能がついていますので、車内全体に風が行き渡ります。

1回の充電で、(強)で約4時間30分、(中)で約6時間20分、(弱)で約10時間30分も使えますので、風の強さを工夫して使えば夜通し、大丈夫です。

・USB扇風機(KEYNICE)

USBで充電出来る、とてもお手軽な扇風機が出ています。
USB、モバイルバッテリー、どちらでも使えます。

小型でかわいらしく、クリップ式なので、いろいろな場所に設置できます。
もちろん、車内に設置できますので、嬉しいですね。

小さいけれど、風量も2段階調節できるし、360度角度の調整もできます。
音も静かです。
首振りもしてくれるので、同じ場所だけに風が行く心配もないです。

また、カラーも選べます。
ブラック、ピンク、ブルーとカラフルです。

かわいらしく、好きなカラーを選べば、気分も明るくなることこの上なし。

・防虫ネット 車用網戸

夏と言ったら「虫」対策、ですよね。
車内は暑いですが、狭いので、空気の入れ換えをしたい。

でも、窓を開けると虫が入ってくるし、、、。
こんな時に重宝するのが、車用の網戸です。

2枚組となっているので、運転席と助手席のフロントドアにつけられます。
取り付け部分が伸縮性のあるポリエステル製で、すその部分にゴムが入っていますので、ラクラク、ほとんどの車種につける事ができます。

夏の必需品と言えます。

・ネックピロー 冷感 u型枕 (TINYPONY)

椅子に腰掛けて眠る時は、ネックピローをつけると、頭や首がラクで寝やすいですよね。

このネックピローは、ひんやり枕パッドを使っているので、体感温度を2~3度も下げることができちゃうんです!寝苦しい暑さから解放されます。

2.冬に役立つ車中泊グッズ

冬は寒さとの勝負!ですね。
夏とは一転して、冬は寒さ対策が必要となります。

「暖」を取るグッズが必須となります。

・動けるあったか寝袋(シュラフ)

寝る時は体温が下がりますから、寝具は暖かいものがいいですよね。
毛布だと、脇から冷たい風が入ってくるので、やはり、寝袋が一番適しています。

さまざまな寝袋が出ていますが、とても暖かくて、しかも動くことができる、宇宙服のような寝袋があります。

それが「動けるあったか寝袋」です。

これ、着てみると本当にビックリするのですが、暖房がなくてもあったかいんです。
サーモ試験において、-10℃の環境でもケタ違いの暖かさの結果が出ている寝袋。

この寝袋は、手が出せるので、着たまま、動けるので本当に便利ですよ。

・マルチシェード

車の窓ガラス部分は、冷気が入りやすいですよね。
少しでも冷気をシャットアウトしたい!

それに対応したのが、マルチシェード。

車内の冷気をシャットアウトするほか、結露の防止にもなります。
車内の目隠しにもなります。

キルティング素材のものだと、断熱効果が高くなり、オススメです。

・卓上加湿器

冬に寝る時の乾燥、気になりませんか?
そんな時に便利なのが、卓上の加湿器です。

持ち運び出来る軽量サイズが嬉しいです。

使い方は、ボトルに水を入れて、USBケーブルで電源と接続するだけです。
水がなくなったら自動で止まるので、空炊きの心配もありません。

風邪予防にも是非、お使いください。

・湯たんぽ、ホッカイロ

暖を取るには、やはり湯たんぽが便利です。
湯たんぽに入れるお湯は、カセットコンロで沸かして入れてください。

カセットコンロが使えない時は、ホッカイロを使うとお手軽ですね。

スポンサーリンク

車中泊グッズを100均で見つける!意外と役に立つグッズとは?

ところで、車中泊グッズには、便利だけどお値段が高くて、、、。というグッズも少なからずあります。

出来れば、コストを抑えて楽しみたい。
だって、車中泊=コストダウンの旅、でもあるわけですからね。

そこで、アナタもワタシも大好きな 100均で車中泊グッズを探してみました。
これが、結構、あるんです。しかも、意外と役立ちますので参考にしてみてください。

・携帯用ミニトイレ(ダイソー)

車の中から外に出るのがキビシイ時。
でも、人間の生理現象は押さえられない。

そんな時、携帯用ミニトイレを使ってください。
寒くて車から出たくない時とか、使うと便利です。

・サンシェード(seria)

寝ている時、車の中をのぞかれるの、嫌ですよね。
サンシェードを使えば、のぞかれる心配もないので安心です。

さまざまな柄があって選ぶのも楽しいです。
また、人の視線以外にも、街頭の明かりからも守ってくれるので安眠出来そうですね。

・耳栓(seria)

まわりの音が気になる人は、耳栓を用意しましょう。
車中泊だと、まわりの人との距離も近いですし、オススメです。

・ソーラーランタン(キャンドゥ)

バッテリーで充電するものは多いので、できるだけバッテリーの消費は抑えたい。
そんな時、太陽光で充電できるランタンはあったら嬉しいですね。

・ミニUSB扇風機(ダイソー)

え?扇風機がが100円で買えちゃうの?
と、驚いたかもしれませんが、最近の100均は、全部100円ではないんですよね。

ちなみにこの扇風機は1個 300円。
いや、でも、300円で扇風機が買えたら嬉しくないですか?

ダイソー以外でも売っていますが、ダイソーのミニUSB扇風機は、白と黒のメタルフレームで、見た目もおしゃれなので、人気が高いです。

・ルームソックス(ダイソー)

モコモコタイプのルームソックスがありますが、これ、暖かいんですよね。
足元から冷えますので、冬の車中泊では是非、履いて欲しいです。

軽自動車でも快適に使える車中泊グッズ

今は軽自動車でも、車内が広いタイプのものもあります。
が、やはり、一般的には「狭い」のが現状。

そんな軽自動車で、快適に車中泊が出来るグッズも売っています。

・ルーフボックス

軽自動車は、限られたスペースしかありません。
寝る時には、荷物の置き場に困りますよね。

そんな時は、車のルーフに取り付けられる、ルーフボックスが便利です。

・マット

寝る時に、シートをフルフラットにしてマットをしいて寝ます。
いろいろなタイプのが出回っていますので、車種にあったマットを選んでください。

まとめ

車中泊をするにあたって、さまざまなグッズをご紹介しました。
夏、冬の季節の違い、車種の違いによっても、準備するグッズは変わってきます。

コストを抑えるには、100均の便利グッズも利用しながら、快適な車中泊を楽しんでいただきたいと思います。

スポンサーリンク