PayPay(ペイペイ)の使い方など解説

スポンサーリンク

最近CMで話題のPayPay(ペイペイ)ですが、きっと便利なんだろうなと思う一方、使い方がイマイチ分からない、面倒くさそうと敬遠されている人も多いんじゃないでしょうか?

画像引用:https://paypay.ne.jp/

今回はこれから浸透していくであろうPayPay(ペイペイ)というサービスについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)とは

簡単に説明すると、QRコードを使った決済システムのことです。

じつはこの決済方法はアジア、特に中国などでは当たり前になっていて、八百屋さんなどでもこの決済システムが使われているほど。

先進国だと思っていた日本はアジア圏内ではかなり出遅れているのが現状です。

このQRコード決済が浸透すれば、現金やクレジットカードなどでの決済はなくなり、スマートフォンで簡単に決済できるようになります。

ここに来て急激にCMなどで導入を急ぐ背景には、東京オリンピックが挙げられますね。

つまり、来日外国人観光客の利用に対応するための動きなんです。

特に日本において進んでいるのが「アリペイ」の導入。

これは、中国人観光客用のアプリとして、アリババグループが運営するQRコード決済サービスになります。

今回話題になっているPayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクとヤフーの合弁会社「ペイペイ株式会社」が提供するサービスで、インドの「ペイティーエム」、アリババグループの「アリペイ」と提携しています。

つまり、PayPay(ペイペイ)の主なターゲットは、アリペイ利用者である中国人観光客を狙ったものとも言えますね。

QR決済システム導入のカギは、どれだけ利用可能な加盟店を集められるか?ですね。

それには、ユーザーである私たちも興味を持つことが大事なのではないかと思います。

ペイペイ株式会社公式サイトはこちら → https://www.paypay-corp.co.jp/

PayPay(ペイペイ)の使い方

画像引用:https://paypay.ne.jp/

使い方はカンタンで、主に次の2つがあります。

  • QRコードをスマートフォンのカメラで読み取り金額を入力
  • スマートフォンに表示されるバーコードを店舗側が読み取り支払う

アプリがインストールされていれば、すぐに決済ができて便利です。

ユーザーにとっても、加盟店にとっても決済が簡単というメリットがあり、これから急激に増えていくものと思われます。決済も最短で翌日入金される点がスゴイと思います。

もう一つ加盟店側のメリットとしては、PayPay(ペイペイ)の導入費用が無料でできる点。

導入当初は勝手に利用した覚えがないのに支払いがされているなどのトラブルがありましたが、それも沈静化しているので、増々便利な世の中になりそうです。

PayPay(ペイペイ)利用においての注意点

とは言っても便利になる反面、悪意を持ったユーザーなどからの悪用に注意することが必要です。

スマホ自体にパスワードをかけることはもちろん、スマホ本体を紛失した時の対処などについても普段から意識しておくことが重要になってきます。

スマートフォンを紛失した場合はすぐに専用窓口に連絡するようにしましょう。

ペイペイ携帯電話紛失・盗難専用窓口

連絡先 0120-990-633
受付時間 365日・24時間受付

一時的に利用停止する場合 → https://support.paypay.ne.jp/consumer/s/article/11005

PayPay(ペイペイ)アプリをインストールしよう

画像引用:https://paypay.ne.jp/

PayPay(ペイペイ)アプリは、Yahoo JAPAN IDと連携することができ、「Yahoo JAPAN」アプリからでも利用できてとても便利です。

アプリについては公式サイトでインストール方法や使い方などについて動画で紹介されていますので、確認してみましょう。

→ https://paypay.ne.jp/

アプリのダウンロード、支払い方法の登録、決済など一切費用が掛からないのがいいですね。(パケット通信料金はかかります)

PayPay(ペイペイ) まとめ

便利なサービスですが、本格始動してから日が浅いこともあり、加盟店が少ないのが現状のようです。

しかし、大手全国チェーンのお店などでの導入も進んできているようですので、ユーザーの私たちも使い方に慣れるように、アプリのインストールは済ましておきたいものです。

2020年の東京オリンピックに向けて、QRコード決済でのキャッシュレス化が必須となるのは避けられない流れのようです。

スポンサーリンク