スポンサーリンク

紅茶はダイエット中に飲んでもいい?

一般

ダイエット中は、食事できないならせめて大好きなものを飲みたい!しかし、飲み物にもカロリーが。紅茶は、飲んでも大丈夫でしょうか?

結論から言うと、お砂糖をいれなければOK!です。

今回はダイエット中の飲み物について、深堀りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

紅茶はダイエット中に飲んでもいいけれど無糖紅茶にしましょう

紅茶自体は、カロリーが低いのでダイエットには向いている飲み物だと言えます。
種類もたくさんあり、香りや色でも楽しむことができますよね。

しかし、要注意なのが紅茶のお供にぴったりなお砂糖や甘いお菓子など。

スーパーやコンビニの売り場でも近くに置いてあることが多く、ついつい手が伸びてしまいますね。どうしても!という時は、0カロリーのシュガーなどを上手に使うようにしましょう。(0カロリーでもとりすぎには注意です!)

スポンサーリンク

ダイエット中におすすめの飲み物

私たちは、普段食事から無意識に水分を摂っているので、ダイエット中は脱水にならないよう意識的に水分を摂取することをおすすめします。

低カロリーなものや、甘味料が入っていないものがよいでしょう。代表のものを5つあげていきたいと思います。

1.水

生活に必須なお水ですが、なるべく常温以上で飲むようにしましょう。冷たいと、内臓にも負担がかかりますし、体が冷える原因にもなるので代謝が下がってしまいます。

2.白湯

白湯は、水を沸騰させて、冷ましたものです。血行が良くなり、体全体が暖かくなってシャキッと目覚めます。冬場には特にぴったりですね。全部を白湯に変えるのは大変なので、朝の1杯だけでも効果がありますよ^^

3.炭酸水

甘味料の入っていない天然の炭酸水がおすすめです。炭酸水は、しゅわしゅわしていてお腹がいっぱいになりやすく、食べ過ぎを抑える効果があります。それ以外にも、血行が良くなったり腸を刺激して活発にするなど、様々な効果が期待できます。

4.ブラックコーヒー

コーヒーに含まれているカフェインは、眠気覚ましになりますよね。そちらはご存知の方も多いと思うのですが、代謝をアップさせたり脂肪の分解や燃焼を促進したり、糖の吸収を抑えるなどの効果も期待できます。砂糖や牛乳をいれたくなってしまうところですが、ダイエット中は控えた方が良いでしょう。

5.トマトジュース

トマトには、リコピンがたくさん入っているのでダイエット効果以外に若返りなど様々な効果があると言われています。脂肪の吸収を抑え、老化の原因を防ぐという素晴らしい性質を持っています。食物繊維もたくさん含まれているので、便秘も改善されてお腹もすっきりできますね。空腹感も紛れるのでトマトが苦手ということでなければたいへんおすすめです。

ダイエット中に飲まない方がいい飲み物

お次は、控えた方が良い飲み物を3つあげさせてもらいます。

1.清涼飲料水(ジュース)

ジュースの中には、たくさん砂糖が入っております。私は、普通の炭酸水に砂糖を入れてをジュースの甘さになるくらいまで挑戦したことがありますが、お菓子でも作るのかな?というくらい、ものすごい量です。そしてよく目にする白い砂糖には、体を冷やす効果があります。

2.お酒

アルコールの入ったものを飲むと、アルコールを分解するために肝臓がいつも以上に働かなければいけません。肝臓に負担が増え、代謝が悪くなってしまいます。また、お酒を飲んだ後は脱水症状にもなりやすくなります。おつまみもついつい食べてしまいがちですよね。完全にやめるというのが難しい場合は、1缶程度におさめるようにしましょう。

3.スポーツドリンク

暑い夏など、特に見落としがちなのがスポーツドリンク。こちらはジュースと同様にたくさんの砂糖が使用されています。糖分を過剰摂取してしまうことになってしまうので、できるだけ避けた方が無難です。どうしても飲みたい場合は、水で薄めるなどしましょう。

まとめ

今回は、ダイエット中におすすめの飲み物と避けた方がいいものについて書かせていただきました。冒頭に述べた紅茶も含めてですが、砂糖やミルクを追加するのを基本的に避けるという認識です。

せっかく健康のためにダイエットするのですから、体に負担をかけず、楽しくやっていきたいですよね。もちろん我慢のしすぎは禁物です。どうしてもと言う時は少しだけ、ごほうび感覚で摂取するようにしましょう。

一般
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました