スポンサーリンク

瓶の蓋の開け方 裏技集(固い蓋もこれで解決)

生活

ジャムやはちみつなど楽しみに買ってきたのに、開かないということよくありますよね。

私も栗きんとんを作ろうと、栗の甘露煮を買ってきたのですが、まったくビクリともしませんでした。そのような時、どのようにしたら簡単に瓶の蓋が開くのか調べてみました。

スポンサーリンク

道具を使って蓋を開ける

瓶オープナーなど便利グッズはたくさん出ています。
100均でも手に入るものもあります。

そのようなグッズで開けるのが最も面倒ではないと思いますが、用意がないときや私のように年に数回のために買いたくないという考えの方もいらっしゃると思います。

家にあるものでも十分開けられると思いますので一度お試しください。

蓋を温めて開ける

特に糖分が固まった蓋、プラスチック製や薄いアルミの蓋などにはてきめんの方法です。

瓶が入るボウルや小鉢にお湯を入れ、蓋の部分を浸けておくだけです。
1分も浸せばびっくりするくらい簡単に蓋が開きます。

中に水が入るのを防ぐため、お湯につけた後はしっかりと水分を拭き取ってから蓋を開けてください。金属は温まると膨張するので、蓋と溝の間に隙間が出来て回しやすくなるのです。

温めるという意味でドライヤーの温風を使っても大丈夫ですが、どちらの場合も蓋や瓶が熱くなるので、やけどには十分注意しながら作業してください。

間違ってもライターやガスコンロの火で温めたり、電子レンジに入れて温めたりはやめてくださいね。やけどもしやすくなりますし、ガラス瓶が割れてしまいけがをしたり電子レンジを壊してしまうことになるかもしれません。

何かを巻いて開ける

ゴム手袋を使ったり、輪ゴムよりも幅の広いゴムを巻いて開けてみてください。

輪ゴムなら数本巻いてもいいですよ。素手だとすべることで逃げてしまっていた力が蓋に集中し、驚くほど簡単に開くことがあります。ゴムの力は偉大です。

さらに、ラップを巻いてもできますし、濡らしたタオルでもできるんです。

濡らしたタオルはしっかり絞って蓋に被せて回すだけ。
パワーはゴムの方が大きいですが、タオルの方が手は痛くなりません。

まず、タオルで試して、無理ならゴムやラップを試してみてはいかがでしょうか。

バターナイフやドライバーを使って開ける

バターナイフやマイナスドライバーなど、先端が薄く、蓋と瓶の間に入りそうなものを用意。
瓶と蓋の間に差し込み、蓋を浮かせるように隙間を作ります。
一周ぐるっと隙間を開けなくても、数ミリの隙間が開いただけでも大丈夫です。

もし、1か所押し上げても蓋の真ん中部分がポコっと上がらなければ、反対側の隙間にも差し込んでみます。その後、通常通り手で回せば開けることができます。

普通のナイフやカッターだと刃が折れて危険なこともあるので、使わないようにしてください。

ガムテープを使って開ける

ガムテープを貼って固定すると、接地面が増えて滑らなくなり力が一か所に集中するため開けやすくなります。

やり方も簡単です。まず、蓋の側面に布製のガムテープを貼っていきます。
紙製のガムテープはすぐ破れてしまうので使うことはできません。

ガムテープを蓋の上部にもつけて持ち手のように作りましょう。
あとは、持ち手を引っ張ればアッという間に開けることができます。

スポンサーリンク

道具を使わずに蓋を開ける

道具を使わなくても開ける方法があります。
少しパワーも必要になるので、特に男性におすすめです。

あまり無理をして身体を痛めたり、中身がご自分に全部降りかかるというようなことには注意してください。

太ももとおなかを使って開ける

片膝を立てた状態で座り、太ももとおなか(胸)で瓶の本体をしっかり挟みます。

左手で瓶を押さえ、右手で蓋をグイっと回すだけです。
瓶を固定する力を、左手(左利きの方は右手)+太ももとお腹でパワーアップし、蓋の回る力に本体がもっていかれないようにするのです。

災害時にも使える!何も使わず開ける

瓶を蓋を下にして立てます。
手で軽く瓶の底(逆さに立てているので底が上に来ています)を叩きます。ただ、それだけです。

あまり強く叩くと瓶が割れたり、手を痛めるので注意してくださいね。

これだけでなぜ開くのか・・・瓶の底をたたくと振動が与えられ、それによって瓶と蓋の間に空気が入り開けやすくなるためということです。

これは警視庁の災害対策課からも発表されており、災害時などで道具がないときにも有効と注目されています。

蓋ではなく本体を回す

通常は瓶を持ち、蓋を回すと思います。それではなく、逆転の発想で、蓋より面積の大きい本体の方を回すというものです。

利き手とは反対の手で蓋を持ち、利き手で本体を回す。たったこれだけですが、本体の方が面積が大きいので、加わる力も大きくなり開けやすくなります。

ただ、これは中身が液体のものには使えません。
空いた瞬間中身がすべて出てしまうことが想像できますから。

ジャムのようなものなら大丈夫かもしれませんが、万が一のことを考え、流しの上など少しこぼれてしまっても大丈夫な場所でお試しください。

蓋のフチを叩きながら一周する

テーブルなどの固いところに、蓋のフチを小刻みに叩きつけながら一周させることで蓋を開けやすくするというものです。蓋と本体の接点に衝撃を与えることで蓋が回りやすくなります。

私の母はスプーンの柄や包丁の背の部分などで叩いてました。
いつも我が家のジャムの蓋は周りがベコベコになっていましたが、母だけの力で開いていましたよ!

まとめ

オープナーを使わなくても色々な方法で開けることができるのですね。

オープナーが手元にあれば安心なので、購入される方も多いと思いますが、災害時など手元にそのような便利グッズがない場合もあると思います。

その時のために、身近な道具や道具なしで開ける方法も覚えておくとよさそうです。

生活
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました