スポンサーリンク

魚の骨が喉に刺さった時の裏ワザは使えるか?

生活

魚の骨が喉に刺さった経験から、魚が嫌いになってしまったという人も多いのではないでしょうか?

刺さった場所が喉ですから、痛いのはもちろん、早く取らないと命に関わるのではないか?と焦りますよね。

そんな状況にもかかわらず、「すぐに救急車を呼ぶべきか?いや、救急車をそんなことで呼んでもいいのだろうか?」と迷うことだってあります。

そこで今回は、魚の骨が刺さった時の対処について調べてみました。

スポンサーリンク

ピンセットを使って取る(裏ワザではないが)

裏ワザとは言えない直接的な方法ですが、喉のどこに刺さっているか分かる場合や、子どもの場合におすすめです。

食事を中断し、大きな口を開けて家族に喉の奥を見てもらい、骨が見えるか確認してもらってください。1人の場合は鏡で見てみましょう。

今はスマホでもライトがつかえますので、照らしながらピンセットで取りましょう。
ピンセットは口の中を傷つけないよう、なるべく先の丸い物かつなるべく長いものが理想です。

ピンセットを使う場合に気をつけることは、外側に出ている骨だけ折れて取れてしまわないか?ということ。

刺さった部分が残ってしまったり、失敗するとさらに骨が奥に入ってしまうこともあるので、確実に骨の状況が分かる場合にだけピンセットを使った方法を試しましょう!

スポンサーリンク

うがいをして取る(意外と知られていない方法)

ピンセットで取るのが難しい場合は、うがいをするのもいい方法です。

うがいは水でOK!うがい薬は不要です。
骨が刺さっていそうな場所を意識しながら、そこを洗い流すイメージでうがいをすると、意外と簡単に取れます。

ただし、うがいで取るのは、小さな骨の場合にしましょう。

太めの骨の場合ですと、うがいではなかなか取れません。
なかなか取れない焦りから、無理に何度もうがいを続けていると、刺さった部分から出血することもありますので注意が必要です。

ツバやご飯を飲み込んで取る!(絶対にやってはダメ)

刺さったかどうかわからないくらいの小さな骨の時に使える裏ワザですが、個人的にはオススメしません!

実際、私も親からご飯を飲み込め!と言われて育ちました・・・が、骨がさらに深く刺さって喉を貫通したり、食道側に移動して取れなくなる危険性をはらんでいます。
そうなると細菌感染を起こして化膿し、手術となってしまうこともあります。

確かに、普通に食事をしている時に偶然刺さったばかりの場合、それほど深く食い込んではいませんから、普通に食事を続けているだけで自然に取れてしまうことが多いです。しかし、だからといってこの方法が使えるかと言えば、答えは NOです。

食べ物が喉につまって窒息するリスクもありますので、特に小さな子どもやお年寄りには絶対にやってはいけませんよ。

その他、足のツボを押すとかお酒を飲むとか言い伝えのように言われていることもありますが、刺さった骨が取れる根拠はありませんので期待はできません。

病院へ行って取る(一番オススメ)

病院へ行く場合は「耳鼻咽喉科」に行くようにしましょう。
喉や耳、鼻などを専門としていて、専用の器具もそろっています。

そもそも大人は舌の付け根のあたり、子どもは扁桃腺のあたりに刺さることが多く、専用の器具でなければ取れないことも多いので、「こんなことで救急車を呼んでも大丈夫だろうか?」と心配せずに119番に連絡しましょう。(場合によっては、救急隊員の方から応急処置の方法などについて教えてもらえる場合があります)

しっかり骨が見えていて、別の人がとってくれる環境でない限りは病院へ行くようにしましょう。

魚の骨が刺さったと来る患者さんも珍しくないので耳鼻科の先生も慣れていますから心配はいりません。保険も使えてて1,000円くらいで取ってもらえます。

とくに、タイのような他の魚と比べて太く固い骨が刺さった時はすぐに病院へ!
太く固い骨が喉や食道に刺さると最悪、骨が体の内部まで通り抜けて心臓や太い血管まで傷つけることもあるからです。

痛みがひどい場合は特に救急外来を受診することも考えた方がよく、魚の骨くらいと軽く考えない方が良いですよ!

逆に、アジやさんま、ウナギなどは骨が小さく細いので刺さってしまっても救急外来の受診は必要なく、翌日一般的な外来での受診で大丈夫です。

魚の骨が喉に刺さったまま放置しても大丈夫?

医者に行くのも面倒クサイ、かといって、自分で頑張っても取れない場合・・・違和感だけが残って不安ですよね。

実際は、違和感が残る程度の場合は、骨は自然に取れていて、傷が違和感の正体である可能性が高く、この場合は放置しておくだけで傷が治れば違和感もそのままなくなってしまいます。

危険なのは痛みが続く場合。

傷口が深くなり化膿してくるとかなり痛みがあるはずです。
その場合は自然に治ることは難しいので、すぐに医者へ行ってください。

喉の粘膜はとてもデリケートでちょっとしたことでもすぐに炎症を起こしてしまいます。
手術になることもあるので早めに受診してください。

また、お酢を飲むと骨が溶けて柔らかくなり取れやすくなると言われることもあります。
これは、かなり細い骨なら可能性はあることはありますが、お酢には硬い骨を溶かすほどの効果はありません。

酢を飲んで放置していたら骨が溶けてなくなっていたというような話は信ぴょう性は薄いと思います。もし本当になくなっていたのなら、溶けたというより飲んだことにより骨が取れたのだと思います。

酢をそのまま飲むことは胃にも負担がありますので、慎重にしましょう。

まとめ

食事中に喉に骨が刺さった場合は、まず慌てず、スグに鏡でチェックしてください。
刺さった直後の方が対処がしやすいので、家族に見てもらうか鏡でチェック!

そして、刺さった骨の形がきちんと見え、家にあるピンセットで届きそうならピンセットで落ち着いて取ってもらいましょう。

多くの場合はこれで対応できると思います。
対応できない場合は迷わず医者へ行ってください。

生活
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました