スポンサーリンク

オリーブオイルの代用になる安いおすすめオイル

生活

パスタ料理などで活躍するオリーブオイル。
いざ料理で使おうと思った時に、オリーブオイルがない!ってことありませんか?

今回はそんな時に役立つオリーブオイルの代用オイルについてお伝えします。

スポンサーリンク

オリーブオイルの代用になる安いおすすめオイル

パスタに合うオリーブオイルの代用オイル

サラダ油やゴマ油

サラダ油はニオイや味がないので、安心して使うことができます。逆にオリーブオイルのような香りはないので、風味には少し不満が出てしまうかもしれません。

ゴマ油は香りがきついので、辛いパスタにしたいときにニンニクや輪切りの唐辛子、さらにめんつゆなどを入れると辛い和風パスタが出来上がります。オリーブオイルよりむしろおいしいくらいです。

バターやマーガリン

パスタの仕上げにバターを乗せればコクが出て美味しくなります。

マーガリンはバターよりはコクはありませんが、クリーム系のパスタには相性ピッタリです。これがあればオリーブオイルは必要ありません。

ツナ缶

ツナ缶をパスタ料理に混ぜるだけ・・・これって盲点じゃないですか?
ただし、魚のニオイが苦手という方にはおすすめできません。
結構クセのある味になりますからね。

ドレッシング

ドレッシングを手作りされる方は分かると思いますが、ドレッシングには油が入っています。オリーブオイルの代わりにドレッシングをパスタと合えるだけで美味しいパスタに変身します。

アヒージョに合うオリーブオイルの代用オイル

アヒージョにはサラダ油とニンニク(ニンニクチューブが便利)の組み合わせがベストです。

油+ニンニク・・・というと、油ハネが気になるところですが、アヒージョはニンニクと具材を低温の油でゆっくりと煮込む料理ですから、油ハネの心配は要りません。

オリーブオイルではなくサラダ油で作ると、オリーブオイルの香りや風味が残念ながら出せませんが、ニンニクの量を調整することでアヒージョとして美味しく食べるとができます。

またサラダ油:ゴマ油を11の割合で混ぜ、ニンニクや具材を入れて煮込めばエスニック風アヒージョになります。

マリネに合うオリーブオイルの代用オイル

マリネを作るときのオリーブオイル代用はサラダ油です。
サラダ油はニオイがないので、素材本来の味を生かすことができます。

サラダ油に酢・レモン汁・塩・砂糖などでマリネ液を作ることができます。特にタコなど素材の味がしっかりしているものにはサラダ油の方がおすすめです。

カルパッチョに合うオリーブオイルの代用オイル

オリーブオイル以外でカルパッチョを作るなら、ごま油やサラダ油をおすすめします。

ゴマ油を使うと和風になりますが、香りがいいので一番おすすめです。ただ、香りが苦手な方やゴマ油の色がカルパッチョには・・・と気になる方は、サラダ油で代用してください。クセのない、さっぱりとしたカルパッチョが食べられます。

スポンサーリンク

なぜオリーブオイルが身体に良いとされているのか?

サラダ油とオリーブオイル、それぞれに特徴がありますが、健康効果を注視するなら、やはりオリーブオイルがおすすめです。

オリーブオイルの栄養成分のうち、最も多く最大80%くらいまで含まれているものにオレイン酸があります。このオレイン酸は、一価不飽和脂肪酸に分類される脂質で、善玉コレステロールを保持したままで、悪玉コレステロールの増加を抑える働きがあります。

悪玉コレステロールを抑えることによって、動脈硬化、さらに脳梗塞などの危険から身を守ることができます。

オレイン酸は体内でも作られますが、それだけでは不十分です。
その不足分を補うためにも、オリーブオイルを積極的にとられることをおすすめします。

【サラダ油ではダメなのか?】

サラダ油には、コレステロールを低下させるリノール酸があります。ただ、このリノール酸は、オレイン酸とは反対に酸化しやすいという問題を抱えています。空気や光に触れたり、加熱したりすることで酸化し、過酸化脂質に変化してしまうのです。

過酸化脂質を大量に摂取すると、老化、動脈硬化、がんなどのリスクが上がってしまいます。

また、リノール酸は200度以上になると『ヒドロキシノネナール』という、認知症の原因とされている毒性の強い物質を発生させますので、揚げ物などに使用するのは避けましょう。

このようにサラダ油は加熱をすることで有害物質を発生させることになるので、健康を考えるとオリーブオイルが圧倒的勝利となります。

オリーブオイル以外の身体に良いおすすめオイル

ダイエットや健康に悪そうなイメージの油ですが、健康や美容効果が得られる体にいい油とは何があるのでしょうか。

ライスオイル(米油)

米ぬかからできたライスオイルには、Yオリザノールという身体に良い成分が含まれています。Yオリザノールは、紫外線を吸収して皮膚を守ってくれるため、化粧品にも使われています。

また、Yオリザノールには、悪玉コレステロールを下げる働きや自律神経を整えるなどの働きもあります。

米油の価格は100g500円くらいです。
オリーブオイルが100g150200円くらい、サラダ油は100g4050円くらいですので、少し高めな値段ですね。

椿油

髪や肌に使うことの多い椿油は、実は食用として使える油なんです。

酸化しにくいオレイン酸を多く含んでいるため、オリーブオイルと同じような美肌や便秘解消に効果が期待できます。

値段はさらにお高めの100g20002500円です。

亜麻仁油(アマニ油)

リネンの種子から採れる油です。

生活習慣病(動脈硬化)の改善、ホルモンバランスの改善、アンチエイジング、PMSの緩和などの効果が期待できる油です。また、女性ホルモンと似た働きをするので、更年期症状の緩和にも貢献してくれます。

加熱に弱いのでマリネやドレッシングの使用に適しています。

値段は100g500円くらいです。

えごま油

シソ科の一年草のエゴマの種子から採れる油です。

ポリフェノールの一種であるロズマリン酸とルテオリンがアレルギー症状の緩和を助けてくれます。アマニ油と同様熱に弱いので、納豆にかけたり、カルパッチョやサラダと食べるのがおすすめです。

えごま油も米油やアマニ油同様100g500円くらいです。

まとめ

油というと、ダイエットの敵のようなイメージがありますが、適したものを適量取るには、身体にも良いことがわかりました。

また、オリーブオイルだけにこだわると値段の問題が出てきますが、代用できるものを使いながら、健康も気遣えるように油を選んでいきたいですね。

生活
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました