スポンサーリンク

ウタマロ石鹸で脇の黄ばみはキレイに取れるのか?

生活

ウタマロ石鹸で頑固な脇の黄ばみを綺麗に取りましょう。
ウタマロ石鹸で洗うと、脇の黄ばみだけでなく、襟の汚れもすべてスッキリ!

綺麗に元の白いシャツに戻すことができますよ。もちろん柄物の衣類にも使えます。

今回は、ウタマロ石鹸の効果的な使い方などについて調べてみました。

スポンサーリンク

ウタマロ石鹸で脇の黄ばみはキレイに落とせる!

ウタマロ石鹸でシャツの脇の黄ばみはキレイに落とせます。
しかも、かかる時間は510分くらいです!

洗濯機を使っても落とせない汚れが簡単に落とせます。

ウタマロ石鹸は、脂肪酸の種類や配合の組み合わせを何百回と試験してできた石鹸で、その特徴は・・・

  • 水に溶けやすい
  • 汚れになじみやすい
  • 適度に柔らかく生地を傷めにくい

という優れもの。

中でも最大の特徴は、汚れ落としの力です。

通常の洗濯では落としにくい、

  • 泥汚れ
  • 襟・袖汚れ
  • 化粧品汚れ
  • 食べこぼし汚れ

そして、今回のテーマである、『脇の黄ばみ』といったガンコな汚れをしっかり落とします。

配合されている蛍光増白剤は安全性が確認されているものを使用しているので、お子さんの衣類にも安心です。

ウタマロ石鹸を使った脇の黄ばみ落とし

それでは、どのようにウタマロ石鹸で脇の黄ばみを落とすのでしょうか。

  1. まずは、ウタマロ石鹸を準備しましょう。準備ができたら、シャツの脇の黄ばんだ部分を23分ぬるま湯に浸します。水でもいいですが、ぬるま湯の方が落ちやすいです。
  2. 次にウタマロ石鹸を軽く濡らし、脇の黄ばんだ部分に石鹸の緑色がつくまで塗り込みます。ひどい時は多めに塗り込んでください。
  3. 脇部分をタワシやブラシで約23分擦りましょう。生地によっては両手でシャツをこすり合わせるだけでもOKです。その場合は時間はかかりますが、優しく何度ももみこむように洗ってください。
  4. 擦り終わったら、いつもどおり洗濯機に入れて回しましょう。ウタマロ石鹸でもみ洗いしたあとは基本的にすすぐ必要はありません。そのまま洗濯機に入れてしまいましょう。

軽い汚れや片袖だけなら洗濯機を回す前のひと手間、数分で終わります。
こまめにやっておけば黄ばみも出にくくなりますので、少しの汚れからでもやっておくといいと思います。

注意点として、シャツを洗う際には、ブラシを使わないようにしましょう。
シャツが傷んでしまう可能性があるからです。

お気に入りのシャツや色物のシャツなどの場合は、軽くもみ洗いの方がいいと思います。

なお、ブラシを使っての洗濯は、肌着といった下着、ワイシャツにおすすめです。

スポンサーリンク

ウタマロ石鹸で洗うと色落ちする?

ウタマロ石鹸で洗っても色落ちはしません!

パッケージ裏面を見ると、『純石けん』と『蛍光増白剤』だけのシンプルなつくりの石鹸です。
漂白剤などが入っていないので色落ちしないんですね。

  • 『純石けん』=汚れを落とす効果
  • 『蛍光増白剤』=白い生地を真っ白にする効果

ただし、ウタマロ石鹸を色柄モノに使うと、白っぽく色落ちしたように見える場合があります。
蛍光増白剤は『白色をより白く見せる』働きをしますので、黒や蛍光色のシャツなど、色に特徴のある服に使うと白っぽく見えることがあるんです。

ですが、本当に色落ちしたわけではないので、間違ってそのような色の衣類にウタマロ石鹸を使用してしまっても、使っているうちに少しずつ蛍光増白剤が落ちていくので安心してください。

どうしても気になる場合は再度洗濯するのがおすすめです。

なぜウタマロ石鹸が注目されるようになったのか?

ウタマロ石鹸は2000年代に入ってから急に注目されるようになりました。
きっかけはインターネットやSNSでの口コミです。

では、ウタマロ石鹸にはどのような歴史があるのでしょうか。

ウタマロ石鹸が登場したのは1957年。
2021年現在から50年以上も前に発売されました。

当時の洗濯風景は、タライと洗濯板での洗濯。
よく昔話に出てくるアレです。

その後、1960年代後半になり、各家庭に電気洗濯機が普及し、それに伴い粉せっけんと液体洗剤へと移っていきました。そして、洗濯石けんが売れない時代が40年近く続きます。

その後、2000年前後のタイミングでとうとう廃盤かというときに、ウタマロ石鹸をなくさないでという声が上がり、それ以降、部分洗い用と限定したところ、口コミでどんどん広がったということです。

現在は部分洗い用液体洗剤の『ウタマロリキッド』、


住宅用クリーナー『ウタマロクリーナー』、

食器洗い用洗剤『ウタマロキッチン』を加え、

ウタマロシリーズとして人気が続いています。

私もウタマロ石鹸とウタマロクリーナーは何度も買い足しているリピーターですが、知ったのはママ友からの口コミでした。

ちなみに、私はウタマロリキッドよりウタマロ石鹸の方が落ちがいいと思います。ウタマロ石鹸は購入したら、4等分して、スティック状にし、お菓子の空き缶にスポンジを敷いて保存して使っています。スティック状にすると塗りやすいですよ。

まとめ

いつの間にかついている脇の下の黄ばみ。
毎日洗濯しているはずなのに、ふと気付くんですよね。

これまでは黄ばみが出たら寿命かなと思っていましたが、ウタマロ石鹸を使うようになってからは気持ちよく着ることができるようになり、週に何度かは登場する必須アイテムになっています。

まだ持っていない方はウタマロ石鹸をぜひお試しください。

生活
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました