コロナ対策 除菌・消毒に必要なアルコール濃度と除菌と消毒の違いについて

スポンサーリンク

コロナウィルス対策として、密を避けること、手洗いうがいを徹底することが言われています。今回は手や指のコロナ対策として期待できる『除菌ジェル』『除菌スプレー』『消毒ジェル』『消毒スプレー』について調べました。

市販されている除菌・消毒製品でどういったものを選べばいいのか?の参考にしてください。

コロナに効果がある除菌・消毒に必要なアルコール濃度は70%以上

コロナ対策として使えるアルコール濃度(エタノール濃度)は70%以上95%以下です。

アルコール濃度が70%未満だと効果が薄く、95%を超えると効果を発揮する前に揮発(蒸発)してしまいますので、除菌(消毒)ジェル(スプレー)を購入される時は、製品の『アルコール濃度』を必ずチェックするようにしましょう。

ただし、70%未満の除菌(消毒)ジェル(スプレー)でも、アルコール濃度が60%以上あれば1分程度時間はかかりますが効果はありますので使えます。

詳しくは厚生労働省のHPを参照ください。

手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。
(※) 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません

引用:新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

コロナ対策には除菌?それとも消毒?

コロナ対策としては、除菌でも消毒でもどちらでもいいというのが結論です。
もちろん、アルコール濃度(エタノール濃度)が70%以上95%以下のものであればという条件付きですが・・・。

参考までに、除菌と消毒の違いは以下のとおりです。

  • 除菌は『菌を減らす』
  • 消毒は『菌を殺す』

除菌の定義として、菌を一つでも減らすことができれば除菌ですから、「除菌だと菌が残っているようで不安」という人もいらっしゃるかと思います。

ですが、コロナ対策として『アルコール濃度(エタノール濃度)が70%以上95%以下』という条件をクリアしていれば心配無用です。

除菌・消毒スプレーの正しい使い方

除菌(消毒)ジェルは手にすり込むだけなので、ほとんどの人が正しく使えていると思います。ところが、除菌(消毒)スプレー・・・お店の入口にあるタイプのもの(下記写真参照)の場合、使い方を間違えて効果が薄くなっている人が多いようです。

よく見られる間違いは次の2点。

  • ポンプを最後までプッシュしないという間違い
  • 除菌(消毒)液を噴霧後、手をパタパタさせて乾かすという間違い

スプレーボトルは、除菌(消毒)に必要な量が出るように設計されていますので、ポンプを最後までプッシュするようにしましょう。

また、手をパタパタさせて乾かすとせっかくの効果が薄れてしまいます。
除菌(消毒)液を噴霧したら、よく手にすり込んで徐々に浸透させるようにすることが重要です。

スポンサーリンク