芸能ニュース

芦田愛菜進学先「歴史を学びたい」慶応医学部必須科目を未履修

芦田愛菜医学部以外へ進学芸能ニュース

2023年現在、名門・慶應義塾女子高等学校の3年生である女優の芦田愛菜さんの進学先が、慶応医学部ではないのではないか?と話題になっています。過去2017年に慶應義塾中等部に合格した際、日テレの『スッキリ!!』のインタビューで「医学系の道に進みたい」「ドラマがきっかけで知った病理医になりたい」と語っており、一部報道では「慶應大医学部への内部進学が決まった」とまで報じられていたのですが、一体なぜ「医学部進学ではないのではないか?」との噂が出て来たのでしょうか。

芦田愛菜医学部には進まない「気持ちに大きな変化」

芦田愛菜さんの進学先が医学部ではないとされる理由として次の3つが考えられます。

理由その1:慶応医学部進学に必須のカリキュラム履修していないため
理由その2:世界史など医学以外の分野に興味が出て来たため
理由その3:医学部進学ならNHK紅白歌合戦に出ている余裕などない

それぞれについて見ていきましょう。

慶応医学部進学の必須科目「化学」を未履修

慶應医学部に内部進学するにあたり、生徒は必ず「化学」を履修する必要があります。ところが、芦田愛菜さんが化学を履修したのは高校一年生の時だけで、高校二年生の時には必須カリキュラムである化学を選択しなかったようなのです。

 

必須カリキュラムを履修しないまま医学部への内部進学を目指すとなると、大学でイチから化学を学ばなければならず、相当な遠回りをすることになります。もし、医学部を一般試験で受験する場合は、数学・英語・理科の3教科に加え、理科は「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」のうち、2科目を選択して受験することになります。

 

医学部に内部進学ができる高校にいながら、わざわざ医学部を一般受験するというのは非現実的です。このことから、芦田さんは医学部志望ではないと噂されています。

芦田愛菜「大河ドラマ麒麟が来る」で気持ちに変化

愛菜ちゃんの心境は年齢を重ねるごとに微妙に変化していきます。10歳の頃には「薬剤師になりたい」とのことでしたが、それから2年後には「病理医になりたい」と志望が変わりました。

 

10歳当時の芦田愛菜ちゃんの動画を観てみましょう。「薬剤師をしている女優さんになってみたいなぁ~って」と可愛らしくもしっかりとした口調で語っているのが分かります。

芦田愛菜薬剤師になりたい

 

12歳当時の芦田愛菜さんは「病理医になりたい」と語っています。薬剤師から病理医へと変化しましたが、この頃は医学系に進みたいとの意思が強かったようです。

芦田愛菜病理医になりたい

 

慶応義塾中等部に入学した子役女優の芦田愛菜(12)が、将来の夢は「病理医」だと明かし、お笑い芸人の加藤浩次らを驚かせた。

芦田は19日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」にVTR出演し、この春から始まった中学生活について語った。また、将来は「医学系の道に進みたい」という芦田だが、その中でも「病理医」になりたいと考えているという。「(病理医のことは)ドラマで知ったんですけど、ほかにも知らない職業がいっぱいあればいいなと思っています、今は」と語った。番組の説明によれば、病理医とは「人の細胞や組織を顕微鏡などで観察して病気の診断をする医師」だという。

記事一部引用:日刊スポーツ「芦田愛菜、将来の夢は「病理医」に加藤浩次ら驚き」https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1810064.html

 

ところが、芦田さんは高校生なってから「世界史が好きになった」と気持ちの変化が見られるようになります。NHK大河ドラマの『麒麟が来る』で細川ガラシャを演じたこと、また、『博士ちゃん』で歴史好きの子供たちと触れ合う機会が多くなったことがきっかけなのかも知れません。

芦田愛菜女優業優先「医学部よりも紅白出演が大切」

責任感が強い芦田愛菜さんの性格からすると、女優業と医学部生との両立は考えられないのではないかと思われます。

 

医学部生になると、1・2年生の間は朝から夕方までみっちり授業があることはもちろん、解剖授業や病院での看護師実習の体験などがあります。また、学年が上がるにつれ病院実習が始まり、手術の助手をすることもあり、帰宅が深夜に及ぶことも珍しくないはずです。

 

そのようなハードスケジュールをこなしながら、一方で女優業に従事するとなると、仕事上での関係各所に迷惑をかけることは必至でしょう。

 

また、医学部へ内部進学できる生徒数は、偏差値が70を超える優秀な生徒約200名のうち5名程度とのことですから、女優業と学業とを両立しての突破は至難の業です。もし医学部への道を考えているのであれば、今回NHK紅白歌合戦に出演することはせず、学業に専念していることでしょう。

 

芦田愛菜医学部行くのにこの時期に紅白に出演する余裕あるの強者すぎる
野次馬セブン
野次馬セブン

いやいや、さすがにいくら優秀とはいえさすがに余裕ありすぎでしょう。

野次馬子分
野次馬子分

これで愛菜ちゃん医学部行ったら『怪物級の才女』ですよ!

芦田愛菜氏は内部進学で医学部は無さそう。法学部政治学科か文学部当たりと予想。SFCも無さそう。

 

このように考えるのが妥当だと思います。芦田愛菜さんは、医学部をあきらめたというよりも、他に別の道を歩もうとしているのではないでしょうか。

芦田愛菜芸能活動を中心に考える

芦田愛菜ちゃんが中学受験で合格したのは女子学院中学校(偏差値74)、桜蔭中学校(偏差値76)、慶應義塾中等部(偏差値73)のいずれも超難関校ばかり。その中で慶応を選んだのは、芸能活動が認められているというのが理由です。

 

愛菜ちゃんにとって、芸能活動は人生そのものと言っても過言ではないでしょう。大好きな芸能活動を自粛してまで慶応医学部への進学を目指すのかどうか?今後の動きが気になるところです。

野次馬セブン!気になるトレンドニュース

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました